広島県(お好み焼き県)にいると言われる妖怪一覧

  • アズキトギ

音の怪。小豆とぎ。備後の農山村。夜、川べりを歩いていると「イッショウ」「ニショウ」「ゴショウ」「ゴショウ」という音を聞かせる。カワウソともいう。つい人間と迷って声をかけてしまう。

 

  • イキアイ

道の怪。山県郡中野村。これに会うと人や牛馬は先に進めなくなる。地蔵を祀ると消えるという。

 

  • イッポンダタラ

道の怪。一本だたら。宮島。一本足の怪。足跡のみが大きく姿は見ない。

 

  • エンコウ

動物の怪。猿猴。山県郡中野村。水中にいたので殺そうとすると、コロガシ(大桶)の輪替えにするような竹がこの村に生えるまで人獣を害しないと約束して許されたという。中野村には気候の関係で大竹は生えない。

 

  • オイガカリ

道の怪。比婆郡など。歩いていると後ろから覆いかかってくるものをいう。

 

  • オオオトコ

海の怪。大男。大崎下島の磯前神社へ行き夢中で蠣を取っていると、碁盤縞の大男が目の前に立っていた。驚いて逃げ帰ったが、ついてきた。人家のあるところまでたどりついて助かったが、その人は間もなく死んだという。

 

  • オサキ

動物の怪。江波島の皿山に住み、散々悪事を働いた狐。於山狐のことで山陽地方ではオサキという。

 

  • カッパ

水の怪。河童。安芸郡倉橋町─海の河童をエンコウといい、尻子玉を抜く。川の河童はカワウソ、石垣の間に住み、雨の夜に化けて出る。足に継木して二メートルもの城坊主になる。地上一メートルあたりをなぐれという。高田郡白木町志道─簪に化けて人を引き込もうとした。相手が毛利家の武勇誉れ高い武士だったので、逆に陸おかに引き上げられた。足裏の吸盤でしがみついた岩が欠けて、大穴があいた。神石郡油木町新免─河童同士が百人の肝を抜く競争をした。ある男が河童に手紙を頼まれ、途中で茶屋に寄るとそこの主人が手紙を読んだ。百人目の肝を分けてやるとあった。同地では古川池の河童に田の草取りを頼んだ。しかし作業の最中でもとなりの尻に手を出すので、人は尻に鎌を下げていた。のち古川池に鎌を投げ込まれて姿を消した。

 

  • グヒン

山の怪。狗賓。宮島。山に行った人が背負子や持ち物を置き、小休止しているわずかな間に荷物や背負子を隠されることがある。狗賓の仕業という。

 

  • コロリ

動物の怪。ツチノコのこと。

 

  • シダイダカ

道の怪。次第高。厚狭・阿武両郡でいう。人の形をして、次第に高くなる妖怪。はじめに上から見下ろしてやると低くなる。

 

  • タクロウビ

火の怪。三原市沖合。夏から秋の夜、海上にかがり火のような火が連なり、海上を点滅しながら動く。

 

  • タヌキノカイ

動物の怪。狸の怪。山県郡中野村。山を焼くという。山の斜面が広く燃えるが、翌日行ってみると何もない。山でコデナシ(筒つつ袖そでの襦袢形の仕事着)を拾って子供に着せると、子供がいなくなり、三日後、木の根元にしゃがんでいた。狐の子のコデナシだったからという。碁をよくし、相手が困るとすれば「凡夫かなしや目は見えず」などとあなどる。困らせようと障子を閉じてもわずかな隙間から出入りし、たわむれに陰嚢を開いて人を被うという。

 

  • テング

山の怪。天狗。山県郡雄鹿原村の人が日浦村の渡し場まで行くと大きな坊主が現れて、背中に乗って目をつむれといった。スイスイ風が吹いたと思ったら降ろされた。目を開くと橋山の中谷にいた。この人は樵夫に疑われ、危うく殺されそうになった。厳島。傍若無人の大関を憎み、鼻をへし折ろうと五十歳ほどの顔色青ざめた男に化けて、厳島の相撲に飛び入りした。大関を投げ捨て、大混乱のなかをいずこともなく消えたという。

 

  • ナマズギツネ

動物の怪。鯰狐。夜の小川でゴボゴボと音をさせ、人を上流に誘う。歳老いた鯰の悪戯という。

 

  • バタバタ

音の怪。広島城下。夜に入ると筵を打ち、塵を払うような音がしてバタバタと鳴る。戸を開けると遠くに聞こえ、尋ねていくと違った方角から聞こえる。その所を確かめることができない。

 

  • ヒラケ

山の怪。比婆郡峯田村(庄原市)でいう。急に眼界が開ける所で、気持ちが悪くなる山中の魔所。

 

  • フチザル

動物の怪。淵猿。井上元重、通称荒源三郎という武士が吉田川の釜淵の水底に潜って退治した。荒は七十人力、淵猿は百人力だったが、怪物の力は頭の中央にたまった水にあることを前もって知っていたので、まずその首をつかんで左右にふり回し、水を落としたので容易に生け捕れた。

 

  • ミサキ

音の怪。宮島。山の上や海辺から人を呼ぶ声をいう。